産経WEST

村上春樹さんが名付けた「高橋人生堂書店」 倉敷の夫婦切り盛り、遠方からファンも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


村上春樹さんが名付けた「高橋人生堂書店」 倉敷の夫婦切り盛り、遠方からファンも

作家の村上春樹さんが名付け親になった書店「高橋人生堂書店」を経営する高橋頼子さん=岡山県倉敷市 作家の村上春樹さんが名付け親になった書店「高橋人生堂書店」を経営する高橋頼子さん=岡山県倉敷市

 後日、編集者から村上さんの伝言として「その名前を使ってもらったら困るので『高橋人生堂書店』はいかがですか」と電話があり、即決した。

 ウェブサイトで読者から質問を受け、回答したやりとりを集め、昨年刊行された村上さんの著書「村上さんのところ」に経緯が掲載されると、遠方からファンが訪れることも増えた。名付け親本人が訪れたことはまだない。「店を続けていればいつかふらっと立ち寄ってくれる気がします」と頼子さんはほほ笑む。

関連ニュース

【ボブ・ディランにノーベル賞】「村上君がディランを教えてくれた」春樹氏の同級生女性ら祝福 残念も「彼が一番喜んで…」

「産経WEST」のランキング