産経WEST

名古屋ぎらい? 名古屋うまい! 「名古屋コーチンの日」3月10日に決定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名古屋ぎらい? 名古屋うまい! 「名古屋コーチンの日」3月10日に決定

3月10日が「名古屋コーチンの日」に登録され、喜ぶ名古屋コーチン協会の鈴木忠理事長(右端)ら=18日午後、名古屋市 3月10日が「名古屋コーチンの日」に登録され、喜ぶ名古屋コーチン協会の鈴木忠理事長(右端)ら=18日午後、名古屋市

 日本記念日協会は、明治時代に品種として認定された日にちなみ、3月10日を「名古屋コーチンの日」に登録した。協会の加瀬清志代表理事から認定証を授与された名古屋コーチン協会の鈴木忠理事長は「文化、歴史的な価値をアピールし、生産と消費を現在の1・5倍の150万羽に増やしたい」と意気込みを語った。

 名古屋コーチンは日本三大地鶏の一つ。歯ごたえのある肉質と濃厚な黄身が特徴だ。明治維新後の近代化とともに鶏肉や卵の需要が増えたことを受け、旧尾張藩士が品種改良でつくり出し、1905(明治38)年3月10日に「国産実用品種第1号」に認定された。

 愛知県とコーチン協会が記念日に登録するよう申請していた。今後、記念日の前後にイベントを開き、飲食店で特別メニューを提供してもらうことを予定している。

関連ニュース

元SKE柴田阿弥、あこがれ女子アナに転身します! 名古屋→東京セント・フォースに所属「サプライズ届けたい」

「産経WEST」のランキング