産経WEST

沖縄近海EEZで中国海洋調査船 ワイヤを海中に垂らす 8月26日以来

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


沖縄近海EEZで中国海洋調査船 ワイヤを海中に垂らす 8月26日以来

 沖縄県・久米島周辺の排他的経済水域(EEZ)で19日、中国の海洋調査船「向陽紅18」がワイヤのようなものを海中に垂らしているのを、海上保安庁の航空機が確認した。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、沖縄近海で、海洋資源調査とみられる中国船の活動が確認されるのは8月26日以来。航空機が活動中止を求めた。

関連ニュース

【経済裏読み】韓国・救いは日本人客?露骨な中国・韓国離れ、THAAD問題が観光業界を直撃

「産経WEST」のランキング