産経WEST

【門真4人殺傷・動画】刃物を何本も持った「知らない男」の恐怖…おびただしい捜査車両に「大変なことが起きた」 現場周辺ショック広がる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【門真4人殺傷・動画】
刃物を何本も持った「知らない男」の恐怖…おびただしい捜査車両に「大変なことが起きた」 現場周辺ショック広がる

民家に侵入してきた男に刺され、4人が死傷した現場を調べる捜査員ら=19日、大阪府門真市(門井聡撮影) 民家に侵入してきた男に刺され、4人が死傷した現場を調べる捜査員ら=19日、大阪府門真市(門井聡撮影)

 近くで洋服店を営む男性(64)は、「突然刃物を持った人間が家に入ってくるなんて怖いし気持ち悪い。町内会では普段から防犯を呼び掛けているが、改めて家族に戸締まりを徹底するよう伝えた」と話した。

 近隣住人らによると、事件が起きた付近は、比較的新しい住宅が多く、川上さん一家も数年前に門真市内の別の場所から引っ越してきたという。

 「幸伸さんは優しくて、親しみやすい人。家族の仲もいいようだった。運動会で、子供の写真を熱心に撮っていたのが印象に残っている」。長女が川上さんの長男(15)と小中学校の同級生という同市内の男性(41)は事件を聞き、現場に駆けつけた。

 川上さんが引っ越すまでは近所で会うことも多かったといい、「車で会っても、すれ違えば必ずあいさつをしてくれるような人。トラブルに巻き込まれたり、恨まれたりするようなことはないはず。犯人は許せないし、悔しい」と唇をかんだ。

 死亡した川上さんと男性の兄は同級生で、3人で一緒に食事をしたり、酒を酌み交わしたりしたこともあるという。「兄にも電話したが、『幸伸さんと連絡がつかない』とショックを受けていた。何でこんなことになったのか、いまだに信じられない」と話した。

関連トピックス

関連ニュース

【門真4人殺傷】「だまされた」逮捕されたときに叫ぶ-男所持のリュックから、短刀、刺し身包丁、ナタを押収 大阪府警

「産経WEST」のランキング