産経WEST

「大相撲和歌山場所」14年ぶり開催 横綱・日馬富士、豪栄道ら力士160人大観衆沸かせる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「大相撲和歌山場所」14年ぶり開催 横綱・日馬富士、豪栄道ら力士160人大観衆沸かせる

日馬富士による横綱土俵入りも行われた大相撲和歌山場所=和歌山市 日馬富士による横綱土俵入りも行われた大相撲和歌山場所=和歌山市

 大相撲の秋場所巡業「大相撲和歌山場所」が18日、和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで行われた。同市内での開催は14年ぶり。横綱日馬富士や秋場所で全勝優勝を果たした豪栄道ら力士約160人が、約4500人の観衆をわかせた。

 今回の和歌山巡業は、海南市出身の春日野親方(元関脇栃乃和歌)の提案で実現した。この日は午前8時の開館とともに、力士らを一目見ようと、大勢の市民らがつめかけた。

 今回の巡業は、日馬富士と鶴竜の2横綱や豪栄道ら幕内力士のほか、御坊市出身で三段目の栃乃島も参加した。取り組みでは豪栄道が、初場所で優勝した大関、琴奨菊と対戦。豪栄道は寄り切りで敗れたが、人気力士の熱戦に拍手が鳴り止まなかった。

 取り組み前には、力士に子供たちが挑戦するアトラクションも行われた。参加した和歌山市の小学2年、小野田大地さん(8)は「ずっと楽しみに待っていたので、うれしかった」と話していた。

関連ニュース

【スポーツの現場】大丈夫か“新陳代謝”難し!?日本代表…ロシアW杯では「超高齢化集団」に

「産経WEST」のランキング