産経WEST

管理していた認知症・知的障害者の通帳盗み現金引き出す 滋賀県湖南市社協の元嘱託職員逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


管理していた認知症・知的障害者の通帳盗み現金引き出す 滋賀県湖南市社協の元嘱託職員逮捕

 滋賀県湖南市社会福祉協議会の嘱託職員が、認知症の人や知的障害者に代わって管理していた預金通帳から現金を引き出した問題で、同県警甲賀署は18日、窃盗と詐欺の疑いで同市岩根の元嘱託職員、牧田聡美容疑者(48)=懲戒解雇=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、6月29日、同社協の金庫から管理していた対象者の通帳1通と印鑑1本を盗み、同市内の金融機関の窓口で預金払い出しの承認を得ているように装って、現金11万円をだまし取ったとしている。

 同社協によると、牧田容疑者は、認知症の人や知的障害者などの預金通帳を本人に代わって管理する「地域福祉権利擁護事業」に携わり、約30人の生活支援を担当していた。

 9月下旬に利用者の書類整理などを行っていた際、通帳に不審な入出金があり発覚。今月に入って同署に被害届を提出し、17日に懲戒解雇していた。同社協は、牧田容疑者が男女5人の口座から計約210万円を着服していたとしており、同署は余罪についても調べている。

関連ニュース

【特殊詐欺を根絶せよ(上)】「事件には絶対遭うはずない」用心したのに騙され…心まで傷つけられる高齢者~滋賀県警の闘い

「産経WEST」のランキング