産経WEST

高齢者の口座から200万円不正に引き出す 詐欺疑いで福祉協職員逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高齢者の口座から200万円不正に引き出す 詐欺疑いで福祉協職員逮捕

 滋賀県警甲賀署は18日、高齢者や知的障害者の金銭を預かる業務に従事し、支援対象者の口座から不正に金を引き出したとして窃盗と詐欺の疑いで、同県湖南市岩根、同市社会福祉協議会の元職員牧田聡美容疑者(48)=懲戒解雇=を逮捕した。

 逮捕容疑は6月29日、協議会の金庫から通帳1通と印鑑1本を盗み、口座から11万円を引き出してだまし取ったとしている。

 協議会は今月4日、牧田容疑者が2015年1月ごろから、担当していた高齢者ら4人の口座から計約200万円を不正に引き出していたと発表。その後、甲賀署に被害届を提出していた。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング