産経WEST

岡山市消防職員を停職 同僚女性にセクハラ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


岡山市消防職員を停職 同僚女性にセクハラ

 岡山市消防局は18日、同僚の女性にセクハラをしたとして、40代の係長級の男性職員を停職6カ月の懲戒処分とした。監督責任を問い、市消防局長ら計9人も戒告や文書訓告などの処分にした。

 市消防企画総務課によると、9月26日、勤務中に市内の消防庁舎内でセクハラをした。別の同僚が女性の相談を受け発覚した。市はプライバシーの保護を理由に、具体的なセクハラの内容を明らかにしていない。

 同課の藤原誠審議監は「不適切な行為で市民の信頼を大きく損なったことをおわびする」とのコメントを出した。

関連ニュース

【オトナの外来】春画に遊郭…江戸時代の性・風俗は大らかだったのに、「お上」の方針で現代では「セクハラ」

「産経WEST」のランキング