産経WEST

ハロウィーン玩具がずらり 岡山・美作市の観光施設

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ハロウィーン玩具がずらり 岡山・美作市の観光施設

ハロウィーン人形などを準備するスタッフ=岡山県美作市 ハロウィーン人形などを準備するスタッフ=岡山県美作市

 ハロウィーン(31日)に向け、岡山県美作市湯郷の観光施設「現代玩具博物館・オルゴール夢館」に魔女人形やかぼちゃの置物など、ハロウィーングッズが並び、観光客らを楽しませている。

 同施設ショップには、ほうきにまたがる魔女人形のモビールや、口からお香の煙を出す魔女の煙出し人形などドイツの玩具をはじめ「オズの魔法使い」の仕掛け絵本、ゲーム「魔法のコマ」などハロウィーンの盛り上げ役が勢ぞろい。

 スタッフの山本沙織さんは「ユニークな表情の魔女人形は、小物にも趣向を凝らしていて楽しめますよ」とアピールする。

 29、30日は、高さ150センチの段ボール迷路の中にお化けが現れる「ハロウィーンおばけやしき」や切り紙を貼って作る「ハロウィーンランタン作り」を開催。

 開館は午前9時半~午後5時。水曜定休。問い合わせは同施設((電)0868・72・0003)。 

関連ニュース

【関西の議論】わいせつスレスレ、バストも強調? アメリカ村「ハロウィーン狂騒曲」何が若者を駆り立てるのか 

「産経WEST」のランキング