産経WEST

がん対策の優秀の3社を表彰 特使のデーモン閣下「目標は受診率日本一」広島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


がん対策の優秀の3社を表彰 特使のデーモン閣下「目標は受診率日本一」広島

がん対策に取り組む企業の表彰式。特使のデーモン閣下(右から2人目)も出席した=広島県庁 がん対策に取り組む企業の表彰式。特使のデーモン閣下(右から2人目)も出席した=広島県庁

 がん対策に積極的に取り組む企業を支援する広島県のプロジェクト「Teamがん対策ひろしま」で、優秀な成果をあげた広島県内の3社が17日、広島県庁で表彰された。表彰式には、県がん検診啓発特使のミュージシャン、デーモン閣下も出席し、3社に賞状盾などが贈呈された。

 廃棄物処理業「オガワエコノス」(広島県府中市)と総合広告会社「ユニバーサルポスト」(広島市西区)の2社は知事賞、保険代理店業「リマックプラス」(広島市中区)はデーモン閣下特別賞に、選ばれた。

 オガワエコノスは、社員のがん検診の受診率向上の取り組みに加え、がんを患う社員に対して新たな特別休暇を創設するなど、就労支援を充実させている。

 ユニバーサルポストは、社員のがん検診の受診率目標達成に加えて、長期入院などから復職した社員に対し、所属長が率先して周囲の社員に理解を求めるなど、実効性のある支援が評価された。

 リマックプラスは、少ない社員数でも常に就労支援の意識を醸成していることなどが認められた。

 表彰式で、オガワエコノスの小川勲会長は「働くためには心身ともに健康でなければならない。引き続き頑張っていく」と述べた。

 デーモン閣下は「我が輩も特使を務め、企業の取り組みも期待以上に良くなっている。目標は受診率日本一。まだ(目標は)高いところにある」と、さらなる取り組みを呼びかけた。

関連ニュース

乳がん啓発、希望のピンク 姫路城など各地でライトアップ

「産経WEST」のランキング