産経WEST

【関西の議論】ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!

ふるさと納税の返礼品として相互登録した和歌山県橋本市と北海道留萌市の特産品=橋本市 ふるさと納税の返礼品として相互登録した和歌山県橋本市と北海道留萌市の特産品=橋本市

地域間連携

 両市の交流のきっかけは、昨年5月に大阪市内で開かれた北海道物産展だった。橋本市側がここで知り合った留萌市の漬物製造販売会社と今年2月に業務提携し、橋本産の柿を使った2商品を開発。さらに6月には、ふるさと納税の返礼品の交換に関する覚書を交わした。

 留萌市との交渉を担った橋本市はしもとブランド推進室の梅本利樹主幹は北海道出身で、今回の企画について「北海道には魅力的な特産品がたくさんある。留萌市と関係ができたせっかくの機会に、これを生かさない手はないと思った。橋本市としても地場産品を売り出す新しい場になる」と意気込む。

ウィン・ウィンの関係を

 一方、留萌市でふるさと納税を担当する市政策調整課の高橋一浩課長は「ふるさと納税は、以前住んでいたり、勤めていたりしたような留萌にゆかりのある人を対象に考えていたので、当初、返礼品目当ての利用者は意識していなかった」と話す。

 実際、同市では26年度まで返礼品は選択できず、「利用者に対して市側が一方的に送っている形だった」(高橋課長)。内容も充実していたとはいえず、1回目の納税者には市の歴史をまとめた分厚い「新留萌市史」を送っていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!
  • ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!
  • ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!

関連ニュース

イヌ殺処分ゼロにふるさと納税活用…広島・神石高原町とNPO

「産経WEST」のランキング