産経WEST

【関西の議論】ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!

ふるさと納税の返礼品として相互登録した和歌山県橋本市と北海道留萌市の特産品=橋本市 ふるさと納税の返礼品として相互登録した和歌山県橋本市と北海道留萌市の特産品=橋本市

 和歌山県橋本市にふるさと納税で寄付をすると、返礼品として北海道留萌市の特産品である「味付数の子」や「魚卵詰め合わせ」が、逆に留萌市に寄付すると橋本市の「あんぽ柿」や「再織(さいおり)ハンカチ」がもらえる。自治体同士の連携で、こんな“平成の物々交換”ともいえる、ふるさと納税の新しいスタイルが生まれている。特産品を広く知ってもらい、互いの地域の活性化につなげようとの狙いで今年度から目立ち始めたが、はたして自治体にどんな効果をもたらすか-。(山田淳史)

これって地元の特産品?

 ふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」で「橋本市のふるさと納税」を閲覧すると、寄付への返礼品として地元特産の柿やゴボウなどのほかに、「味付数の子」や「魚卵詰め合わせ」など、同市になじみのないものが目につく。商品の下には「北海道留萌市との連携企画です」とのただし書きが。

 留萌産品としてはこの2品と合わせ、小麦「ルルロッソ」のパスタセットと漬物製造販売会社の「ピクルスセット」「漬け物セット」の計5品目が掲載されている。

 一方、留萌市のホームページの「ふるさと納税」の欄には留萌の特産品に加え、橋本産の「たねなし柿」や「あんぽ柿」、高品質の「再織ハンカチ」など5品目が。両市の交換特産品はこの夏から登録されており、利用者は1万円を寄付すれば、返礼品の中から選択しできる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!
  • ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!
  • ふるさと納税の新しい形“平成の物々交換”…和歌山・橋本へ寄付で北海道のカズノコがもらえる!

関連ニュース

イヌ殺処分ゼロにふるさと納税活用…広島・神石高原町とNPO

「産経WEST」のランキング