産経WEST

鳥取の大麻加工販売会社、従業員2人も所持容疑で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鳥取の大麻加工販売会社、従業員2人も所持容疑で逮捕

 乾燥大麻を所持したとして、大麻取締法違反容疑で鳥取県の大麻加工販売会社代表取締役が逮捕された事件で、厚生労働省中国四国厚生局麻薬取締部が、同じ会社の従業員の男2人も同法違反容疑で現行犯逮捕していたことが17日、厚労省への取材で分かった。

 同省によると、2人はいずれも同県智頭町内に住む30代の男。同容疑で4日に現行犯逮捕された上野俊彦容疑者(37)が代表を務める会社で、県の許可を得て産業用で麻薬成分が少ない大麻草を栽培し、繊維などの加工品を販売していた。

 2人の逮捕容疑は4日、智頭町内の自宅や車に乾燥大麻約1グラムをそれぞれ所持していたとしている。

 同省によると、2人は「使用するために所持していた」といずれも容疑を認めているという。所持していたのは栽培していた大麻とは別のものとみられる。上野容疑者の関係先としての家宅捜索で発覚した。

関連ニュース

液状大麻の密輸容疑、アメリカ人プロレスラーを逮捕…ペン型吸引器に入れ「悩み忘れることができた」 関空

「産経WEST」のランキング