産経WEST

国慶節商戦、中国人客の「爆買い」一服くっきり 百貨店や量販店、戦略見直し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国慶節商戦、中国人客の「爆買い」一服くっきり 百貨店や量販店、戦略見直し

 大阪市内のホテルの稼働率は高水準だったが、やや減速。ホテルグランヴィア大阪(北区)の客室稼働率は、前年同期から1・2ポイント下落し94・6%。帝国ホテル大阪(同)は同9・5ポイント下落の79%だった。

 一方、宿泊料金を千円ほど下げたホテルニューオータニ大阪(中央区)の稼働率は同2・8ポイント上昇し、81%。宿泊の約4割が外国人客で、そのうち約6割を中国人客が占め、国慶節需要を大きく取り込んだ。

関連ニュース

【ビジネスの裏側】炭酸水人気拡大、市場規模は10年で6倍にも 健康や美容にも効果?

「産経WEST」のランキング