産経WEST

【熊本地震半年】心筋梗塞、地震後に1・29倍、被災でストレス原因か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震半年】
心筋梗塞、地震後に1・29倍、被災でストレス原因か

 熊本地震が発生した今年4~6月に急性心筋梗塞を発症した熊本県内の患者数が、昨年まで5年間の平均人数と比べて1・29倍に増えていたことが17日、熊本大大学院の小島淳(すなお)特任准教授の調査で分かった。県内では、家屋の倒壊などで50人が死亡し、「震災関連死」を含めると死者は110人にのぼる。震度7を2回観測し、余震も4千回を超えていることから、小島特任准教授は「患者の増加はストレスの影響が大きいのでは」と分析している。

 同県内には急性心筋梗塞を治療できる病院が21施設あり、熊本大が平成16年から患者数を調査。小島特任准教授が今年4~6月の患者数の速報値を集計した。

 今年4~6月の患者数は308人で、昨年まで5年間の同時期の平均人数237・4人と比べると、約70人多かった。昨年同期比では42人増えていた。今年は4月に109人、5月に99人が発症しており、いずれも昨年同月の90人、76人を大きく上回った。6月は100人で、昨年と同じだった。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

【熊本地震半年 子供たちは今(中)】転校に間借り校舎…環境一変の児童にストレス「みんなで遊ぶことも少なくなった」

「産経WEST」のランキング