産経WEST

【関西の議論】「一方的な主張だ!」滋賀県の独自試算に京都府抗議メール…北陸新幹線延伸ルート大もめ、過熱する自治体間の綱引き

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「一方的な主張だ!」滋賀県の独自試算に京都府抗議メール…北陸新幹線延伸ルート大もめ、過熱する自治体間の綱引き

 北陸新幹線の福井県・敦賀-大阪の延伸ルートをめぐり、滋賀県が公表した独自の試算結果が波紋を広げている。試算では候補としてあがっている3ルートのうち、滋賀県が推す米原駅(同県米原市)で東海道新幹線とつなぐ「米原ルート」が最も費用対効果が高いとの結果になった。これに対し、他のルートを支持する京都府と福井県は猛反発。京都府は滋賀県に対し、副知事がメールで抗議文まで送付した。今月末には、国土交通省が3ルートについて建設費などの試算をまとめる予定で、議論の行方が注目される。

米原ルートが優位?

 「米原ルートの実現に向けて、より一層力を入れ、説得力を持って取り組んでいきたい」

 9月23日、滋賀県の三日月大造知事は県議会で試算結果を提示した後、記者団に力強く語った。

 米原ルートを支持する県は今年度の予算に、北陸新幹線敦賀以西の開業を見据えた「ケーススタディー調査」として3千万円を計上。外部のシンクタンクに委託して、過去の新幹線整備事例の分析やシミュレーションなどを行ってきた。

滋賀県には“いいことずくめ”の試算結果

このニュースの写真

  • 「一方的な主張だ!」滋賀県の独自試算に京都府抗議メール…北陸新幹線延伸ルート大もめ、過熱する自治体間の綱引き

関連トピックス

関連ニュース

北陸新幹線を京都府北部へ 京都・舞鶴市長インタビュー「実現のため、できることはすべてやる」

「産経WEST」のランキング