産経WEST

【今週の注目記事】北朝鮮の潜水艦に打つ手なし 韓国軍は粗悪部品使用のヘリ墜落、サイバー対策は本陣を乗っ取られ…「コリアンドリーム」に米国も冷ややか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
北朝鮮の潜水艦に打つ手なし 韓国軍は粗悪部品使用のヘリ墜落、サイバー対策は本陣を乗っ取られ…「コリアンドリーム」に米国も冷ややか

 驚くべきはこれが氷山の一角だったことだ。過去4年間に600件の「品質保証書」が偽造されていたことが判明。うち71の部品で欠陥が見つかったという。

 具体的には「リンクス」ヘリのほか、駆逐艦「広開土大王」(3200トン)のプロペラ速度調節部品、さらには韓国唯一の大型揚陸艦「独島」の発電機フィルターなどが欠陥品と判明した。いずれも重要部品で、韓国で「核心部品」と表現されるものだ。独島艦は実際、2015年に発電機が故障発火して動力を喪失、漂流するという失態を演じている。

パクリ品の運命

 修理や整備で交換した部品がニセモノという事態は、韓国軍では珍しくない。大統領府を守る機関砲の砲身が偽造品で、低品質のため射撃中に破裂したり、主力戦闘機KF-16のスペアパーツを用意せず「新品に交換しました」との書類だけを偽造したりと、ニセモノにまつわる不祥事には事欠かない。

 ともあれ、北朝鮮の潜水艦に対する「第一の矢」のリンクスは、せっかくの英国製にもかかわらず、安くあげた韓国産パクリ品のために信用度ゼロに。一方で韓国が自主開発したヘリにも9月23日、欠陥がもちあがった。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング