産経WEST

【熊本地震半年】「前向きに生き、復興遂げた姿を報告したい」熊本市で慰霊祭

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震半年】
「前向きに生き、復興遂げた姿を報告したい」熊本市で慰霊祭

熊本地震慰霊祭で献花する参列者ら=15日午前、熊本市中央区(志儀駒貴撮影) 熊本地震慰霊祭で献花する参列者ら=15日午前、熊本市中央区(志儀駒貴撮影)

 熊本地震の発生から半年がたち、熊本市は15日、同市中央区で、犠牲者を悼む慰霊祭を開いた。遺族や市民らが黙祷(もくとう)をささげ、被災地の復興を誓い合った。

 大西一史市長は「希望あふれた豊かな熊本を築くため、全身全霊を尽くすことを固く誓う」とあいさつ。

 遺族代表として、4月14日の前震の後から車中泊を余儀なくされ、16日の本震の直後に亡くなった津崎操さん=当時(89)=の長女、冨永真由美さん(57)=同市中央区=がお別れの言葉を述べた。冨永さんは「地震で人も町もひどく傷ついた。修復にはまだまだ長い年月がかかるでしょう。前向きに生き、見事に復興を遂げた熊本の姿を(母や犠牲者に)報告したい」と誓った。

関連トピックス

関連ニュース

ANAとJAL、地域航空5社の統合検討 経営基盤強化へ国交省が要請

「産経WEST」のランキング