産経WEST

【今週の注目記事】韓国・救いは日本人客?露骨な中国・韓国離れ、THAAD問題が観光業界を直撃

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
韓国・救いは日本人客?露骨な中国・韓国離れ、THAAD問題が観光業界を直撃

THAAD配備に対する議論が盛り上がる韓国。配備を支持する韓国人も多い(AP) THAAD配備に対する議論が盛り上がる韓国。配備を支持する韓国人も多い(AP)

 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度ミサイル防衛システム(THAAD)」の韓国配備で、蜜月関係にひびの入った中国と韓国。その亀裂の一端がついに統計にあらわれた。8月に韓国を訪れた中国人観光客が、前月より約4万人減ったことが分かった。韓国メディアによると、繁忙期の8月の実績が前月割れしたのは1998年の月別統計の開始以来、初めてという。9月に朴槿恵大統領と会談した習近平国家主席は「両国は広範な共通利益を有する隣国」と歩み寄る姿勢もみせていたが、中国流の嫌がらせに痛めつけられているのが現実のようだ。

日本人客が「中国人減」をカバー

 韓国観光公社の統計によると、8月に韓国を訪問した中国人観光客は、83万3771人だった。前月比5%減で、韓国・朝鮮日報(日本語電子版)は「中国人観光客数が7月より少なかったのは月別統計開始以降、18年間で初めてだ」と伝えた。

 一方、中国に次いで観光客が多い日本人は22万5456人で、前月より18%近く増えた。足元の円高によって、日本からの韓国観光客が増えたとみられ、「中国人観光客が減った分、日本人が伸びた」(朝鮮日報)ため、全体の下げ幅を押しとどめた。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

【経済裏読み】韓国、ノーベル賞で早くも予防線?「強要する風土なくせ」…発想の転換で企業家精神持てばいい

「産経WEST」のランキング