産経WEST

【熊本地震半年】関連死の申請242件、100件超結果待ち

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震半年】
関連死の申請242件、100件超結果待ち

全壊した自宅に残していた愛犬をなでる尾方勝子さん(右)=熊本県益城町寺迫 全壊した自宅に残していた愛犬をなでる尾方勝子さん(右)=熊本県益城町寺迫

 一方、熊本市は10件の申請を却下。詳しい理由は伝えておらず、熊本市の担当者は「詳細な判定理由を伝えると、申請した方の思いを打ち消すことになり、難しい面がある」と説明している。却下に対しては、3件の不服申し立てがあった。

 関連死は全国共通の認定基準がなく、各自治体は今回、県のマニュアルなどを参考に作成。診療記録など客観的な資料を基に、医師らが参加する審査会が判定している。市町村合同で審査会を設けている例もあるが、いずれも非公開。

 関連死に認定されると、遺族に対し最大500万円が支給される。

関連トピックス

関連ニュース

【熊本地震半年】倒壊家屋今もそのまま、離散集落も…「なんでこんなことになってしまったのか」

「産経WEST」のランキング