産経WEST

【竹島を考える】ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 下條正男・拓殖大教授

慰安婦問題での日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の設立に反対し、記者会見場に乱入した韓国の市民団体メンバー。今につながる日韓の歴史問題の根底には竹島問題がある=7月28日、ソウル(共同) 慰安婦問題での日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の設立に反対し、記者会見場に乱入した韓国の市民団体メンバー。今につながる日韓の歴史問題の根底には竹島問題がある=7月28日、ソウル(共同)

韓国の属性に無頓着だった日本政府

 だが、竹島が歴史的に韓国領であったという事実はない。従って韓国の国策機関(東北アジア歴史財団)が歴史教科書問題、慰安婦問題、日本海呼称問題、靖国参拝問題などを使って、自らの侵略を正当化する行為はプロパガンダでしかない。日本が竹島を侵奪したとする「歴史認識」は、韓国側の妄想でしかないのだ。

 日韓の間に、次から次へと歴史問題が起こるのも、事実無根の「歴史認識」で歴史を語るからである。

 日本政府は、この韓国側の属性に無頓着であった。そこに従前の日本政府の場当たり的対応が影響し、日本を自縄自縛の状態に陥れてきたのである。

 慰安婦問題では「河野談話」(1993年に当時の河野洋平官房長官が出した慰安婦関係調査結果発表に関する談話)が、歴史教科書問題では「近隣諸国条項」(近現代史の教科書記述で近隣アジア諸国への配慮を求めた旧文部省の検定規定)が足枷(あしかせ)となり、韓国側の容喙(ようかい)を許した。

 そこで韓国側では、首相による靖国参拝までも外交イシューとし、日本側はその都度、首相の参拝が私的か公式か、「踏み絵」を踏まされるのである。

いつまでも続く“不愉快”な日韓関係

 竹島問題を解決できなかったばかりに、日本は韓国側の術中に嵌(はま)り、対日攻勢に晒(さら)されることになったのである。

韓国側に不都合な日本側の主張を紹介、問題解決に向け提言した勇気ある韓国人教授

関連ニュース

【竹島を考える・番外編】「竹島かえれ島や海」「わが国の領土です」スローガン掲げた自販機、島根県庁内に設置

「産経WEST」のランキング