産経WEST

【竹島を考える】ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 下條正男・拓殖大教授

慰安婦問題での日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の設立に反対し、記者会見場に乱入した韓国の市民団体メンバー。今につながる日韓の歴史問題の根底には竹島問題がある=7月28日、ソウル(共同) 慰安婦問題での日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の設立に反対し、記者会見場に乱入した韓国の市民団体メンバー。今につながる日韓の歴史問題の根底には竹島問題がある=7月28日、ソウル(共同)

 それに、「韓日両国が歴史葛藤を解決して、和解に向かうところを共に模索する」という文脈中での「和解」は、自らの歴史認識に日本側を従わせようとする際、韓国側が使う常套句である。

歴史問題と竹島問題を無理やり結びつけた韓国

 事実、「和解」という表現が登場するのは、竹島の領土権確立を求めて島根県議会が2005年3月に「竹島の日」条例を制定して、しばらくたってからである。

 韓国政府は同年4月、「竹島の日」の対抗措置として、国策機関「東北アジアの平和のための正しい歴史定立企画団」を発足させ、2006年9月には「東北アジア歴史財団」と改組した。その財団のホームページでは、財団設立の目的を「歴史葛藤を克服し、歴史和解ができるよう政策対案を開発する」としたからだ。

 東北アジア歴史財団にとって、究極的な「歴史和解」とは、1954年以来韓国側が不法占拠を続ける竹島を死守して、その正当性を日本側に認めさせることにある。

 そこで、東北アジア歴史財団が対日攻勢の「政策対案」として、その戦術に選んだのが、歴史教科書問題、慰安婦問題、日本海呼称問題、靖国参拝問題などの歴史問題である。

 それらを無理やり竹島問題と結び付け、日本には「過去の清算」を求め、日本側の真正な反省と謝罪を要求したのである。

韓国の属性に無頓着だった日本政府

関連ニュース

【竹島を考える・番外編】「竹島かえれ島や海」「わが国の領土です」スローガン掲げた自販機、島根県庁内に設置

「産経WEST」のランキング