産経WEST

在来線乗務員にiPad JR西が8600台導入

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


在来線乗務員にiPad JR西が8600台導入

 JR西日本は、在来線の乗務員に米アップルのタブレット端末「iPad」を携行させると発表した。事故などの際に状況を素早く伝えたり、情報を共有したりする。年度内に京阪神エリアで導入し、来年度以降、順次エリアを拡大する。

 対象となるのは、在来線の運転士、車掌、客室乗務員で、計約8600台を導入。移動の多い車掌と客室乗務員は小型の「iPad mini」を使用する。

 事故などが起きた際、現場の情報や画像を素早く共有したり、変更された運転時刻表を端末上に表示することで、運転再開にかかる時間を短縮する。

 端末内の翻訳ツールを使い、増加する訪日外国人への案内力も強化。乗務員が携行する重さ2~3キロのマニュアルや規定類も電子化し、負担を減らす。

 来島達夫社長は「安全面への貢献が一番で、非常時にリアルな情報のやりとりができる」と期待する。

関連ニュース

【関西の議論】消える?闇市ルーツの〝日本一長い高架下商店街〟モトコー JR西の耐震工事で存続危機

「産経WEST」のランキング