産経WEST

【衝撃事件の核心】「これはブラック企業だ…」女性社員集団退職にサロン社長ブチ切れ 勤務12日なのに損害金払え!と逆襲提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「これはブラック企業だ…」女性社員集団退職にサロン社長ブチ切れ 勤務12日なのに損害金払え!と逆襲提訴

ヘッドスパサロンの社員研修内容に不安を覚えた4人が新規オープン前に同時に退職した。怒りを爆発させたサロン側が4人に損害金を請求した末、怒りの提訴に打って出たが… ヘッドスパサロンの社員研修内容に不安を覚えた4人が新規オープン前に同時に退職した。怒りを爆発させたサロン側が4人に損害金を請求した末、怒りの提訴に打って出たが…

 4人が応じないでいると、会社側は「賠償金を払わなければ恐喝罪で被害届を出す」とまで通告していた。9月以降には4人を提訴したうえ、身元保証人にも損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした(保証人への請求は後に取り下げ)。

 「ブラック企業だ…」。4人とて黙ってはいられない。合意のうえの退職なのに、違法な賠償要求を受けて精神的苦痛を受けたとして、会社側に計約480万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したのだ。

追い詰められ適応障害に

 そもそもなぜ4人は入社まもなく退職を決意したのか。反訴状によると、当時の新規採用は4人を含めて計10人。サロンのオープンに向けて研修が始まったが、指導員は1人しかいなかった。質問しても「すでにお伝えしました」と取り合ってもらえず、「実演を1回見て覚えろ」と言われるなど、不満の募る内容だった。

 度重なる叱責もあった。その結果、研修初日にいきなり3人が退職し、翌日にさらに1人がサロンを後にした。

 次々に脱落者が出る中、4人は研修を続けたが、何度も叱られるうちに不眠や頭痛、吐き気など体調が悪化。それでもマネジャーから「危機感が感じられない」「お客さまからクレームが来ても会社は責任を取りませんよ。自分で責任を取ってください」と厳しく責められ、辞めることを決めたのだという。

 オープン直前の一斉退職に、会社側はよほど怒りが収まらなかったのか、入館証の返却が遅れた女性Dに対しては、電話で「警察に突き出す」「人間として終わってる」となじり、Dの父親の勤務先にも社長名でこんなメールを送った。

続きを読む

「産経WEST」のランキング