産経WEST

【世界を読む】損失年間1兆円!韓国社会揺るがす「接待禁止法」騒動…高額報酬狙う韓流“ランパラッチ”って!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
損失年間1兆円!韓国社会揺るがす「接待禁止法」騒動…高額報酬狙う韓流“ランパラッチ”って!?

「金英蘭法」の施行を前に、ソウルの海鮮料理店「ヘウリ」で登場した1人前2万9千ウォンの「蘭セット」=9月26日(共同) 「金英蘭法」の施行を前に、ソウルの海鮮料理店「ヘウリ」で登場した1人前2万9千ウォンの「蘭セット」=9月26日(共同)

 新法の影響はギフト商戦にも波及しており、韓国の秋夕(中秋節=今年は9月15日)の贈答品では今年は例年の定番だった韓牛(韓国在来種の牛)を、価格帯ごとの健康食品が抜く売れ行きをみせたという。

 一方、違反の申告者には最高2億ウォンの報奨金を支払う制度のほか、違反摘発が国家財政に貢献したと認められれば別途最高30億ウォンも支払われる。この多額報奨を狙う人たちを対象にした証拠映像の撮影技術を教える教室が繁盛している。

 超小型カメラや盗聴器を駆使して一獲千金を狙う人たちが腕を磨いていることから、韓国では金英蘭法とパパラッチを合わせた「ランパラッチ」という造語も登場している。

 内需拡大に異例の要請

 経済損失への懸念を意識してか、施行直前の9月24日に開かれた大統領府主催の「長官・次官ワークショップ」で、朴大統領が「内需拡大のため、国内ゴルフに長官たちが取り組んでほしい」と異例の要請が飛び出した。

 ハンギョレ新聞(同)によると、出席者が「金英蘭法の施行でゴルフ場も『ブッキング急減』という声が出ている」と伝えたことに応じた。その後も「金英蘭法を守りながら自費でゴルフをして景気回復に貢献しよう」「ゴルフをした後、自分の証拠写真をアップしよう」などの“冗談”が飛び交った。

 同紙は「朴大統領が安保・経済危機で現在の状況を『非常時局』と規定した状況で、長官、次官らにゴルフをもっとするように推奨したのはつじつまが合わないうえ、庶民の認識ともかけ離れていたものだと指摘が出ている」と指摘した。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

【世界を読む】「奪われた領土」極東ロシアに流れ込む中国人…“スーツケースで侵略”は危険な火ダネ

「産経WEST」のランキング