産経WEST

民進和歌山県連が結成大会 「民主党時代よりも逆風強い」と岸本代表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


民進和歌山県連が結成大会 「民主党時代よりも逆風強い」と岸本代表

 民主党と維新の党の合流で発足した民進党県連の結成大会が8日、和歌山市の県勤労福祉会館で開かれ、次期衆院選で、立候補予定者不在の和歌山3区での候補の早期擁立などを掲げた活動方針を決定した。

 大会では、浦口高典県連幹事長が今夏の参院選について総括。市民グループが支援する候補者が出馬の意向を示したため、擁立予定だった独自候補を取り下げた経過を振り返り、「苦渋の選択だった」とした。

 岸本周平県連代表は、安倍晋三首相が早期に衆院解散に踏み切るとの観測を示した上で、「このままでは壊滅の可能性がある。民主党時代よりも逆風は強い」と危機感をあらわにした。

 大会には、民進の最大支援組織、連合和歌山の小林茂会長も出席。次期衆院選に向けて和歌山3区の候補者擁立を求め、「和歌山全区で民進の旗を掲げてほしい」とエールを送った。

関連ニュース

【二重国籍問題】民進・馬淵氏「二重国籍は国会内に十数人いる」

「産経WEST」のランキング