産経WEST

【世界ミニナビ】中国の水族館、逃げ場ないシロクマ…英国への“脱出”なるか、世界が注目

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
中国の水族館、逃げ場ないシロクマ…英国への“脱出”なるか、世界が注目

中国の水族館で密閉されたエリアで飼育されているシロクマ。「世界で一番悲しいシロクマ」とも呼ばれている(アニマルズ・アジアのホームページから) 中国の水族館で密閉されたエリアで飼育されているシロクマ。「世界で一番悲しいシロクマ」とも呼ばれている(アニマルズ・アジアのホームページから)

 「世界で一番悲しい」と表現されるシロクマの名前は「ピザ」という。青で統一された展示室で、出口を求めるかのように壁に向かうピザの姿はもの哀しい。

 アニマルズ・アジアのホームページの動画などからは、来館者からスマートフォンやカメラを向けられ、逃げ場のないピザの様子がが伝わる。アニマルズ・アジアは今年に入り、グランビュー水族館の閉鎖を求める署名を募りはじめ、その数は50万人を超えているという。

 そして今年9月末、ピザが置かれている状況を見かねた英国のヨークシャー野生動物公園が、グランビュー水族館側にピザの引き取りを申し入れたと、欧米メディアが一斉に報じた。いよいよ世界で一番悲しいシロクマに「光」が与えられるかと注目を集めたが、グランビュー水族館側はこの申し出を拒否しているようだ。

 批判にさらされた格好のグランビュー水族館側も、飼育環境の改善に乗り出しているとの報道もある。だが、ピザの引き取り申し入れには、公式な反応は示しておらず、実現は難しいとみられている。AFP通信などは、グランビュー水族館側が「外国組織の介入は不要」としていると報じている。

このニュースの写真

  • 中国の水族館、逃げ場ないシロクマ…英国への“脱出”なるか、世界が注目

関連ニュース

【世界ミニナビ】なぜ、中国人はIKEAで寝るのか…欧米が驚く特殊な“才能”

「産経WEST」のランキング