産経WEST

委任なく風俗店売却交渉 愛知の弁護士、業務停止

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


委任なく風俗店売却交渉 愛知の弁護士、業務停止

 愛知県弁護士会は7日、委任がないのに風俗店の営業権の売却交渉を勝手に進め、交渉相手から代金として2億6千万円を受け取ったとして所属する柳田潤一弁護士(53)を業務停止6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 弁護士会によると、柳田弁護士は平成22年6~8月、風俗店経営会社の株主から資産売却の相談を受けた際、交渉を委任されたと認識。同年12月~11年3月に交渉相手から代金として計約2億6千万円を受け取った。代理権がなく契約は不成立となったが、代金は交渉相手に戻っていない。

 このほか柳田弁護士は別の依頼人から和解金として預かった約4900万円を別の目的に流用していた。既に穴埋めしており、依頼人に金銭的な被害はなかったという。

 また所属する金子直樹弁護士(59)が業務上横領容疑で名古屋地検特捜部に6日に逮捕されたことには、弁護士会の石原真二会長が「市民の信頼を失墜させ、深くおわびする」と謝罪した。

「産経WEST」のランキング