産経WEST

【警官殺人】愛娘殺された父ら遺族、大阪府警に申し入れ書「組織として進める対策を示して」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【警官殺人】
愛娘殺された父ら遺族、大阪府警に申し入れ書「組織として進める対策を示して」

 大阪市東住吉区のマンションで平成27年1月、大阪府警阿倍野署の元巡査長の男(28)=殺人罪で懲役18年確定、受刑中=が、妻の存在を隠して交際していた社会福祉士、白田光(しらた・ひかる)さん=当時(23)=を殺害した事件で、遺族側が7日、府警の監督責任への認識などを問う申し入れ書を提出し、「組織として不祥事対策をどう進めるのか示してほしい」と訴えた。

「警察の備品と知識を使って、娘を殺した!」

 提出後、大阪市内で記者会見した白田さんの父、弘之さん(57)=山形県西川町=によると、府警は今月中に書面で回答する意向を示したという。

 また、弘之さんは会見で、元巡査長が犯行現場で鑑識活動用の足カバーを使っていたことなどを挙げ、「警察の備品や、警察官だからこそ知り得た知識を使って娘を殺害した」と指摘。「個人の問題で終わらせるのではなく、警察組織全体で事件と向き合うべきだ」と対応を求めた。

 これに対し、府警は「内容を熟読し、ご遺族の心情もしっかりと受け止めて、真摯(しんし)に対応して参りたい」とのコメントを出した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング