産経WEST

【衝撃事件の核心】「妊婦にシャンパンってアカンやろ」不手際?〝ハデ婚〟料金支払い拒否 ホテルに新郎新婦が徹底抗戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「妊婦にシャンパンってアカンやろ」不手際?〝ハデ婚〟料金支払い拒否 ホテルに新郎新婦が徹底抗戦

一生の思い出になる結婚式。ホテルで〝ハデ婚〟をあげたカップルは予定時間を2時間もオーバーしたため延長料金が発生したが、ホテル側の不手際を理由に支払いを拒否。訴訟に発展したが… 一生の思い出になる結婚式。ホテルで〝ハデ婚〟をあげたカップルは予定時間を2時間もオーバーしたため延長料金が発生したが、ホテル側の不手際を理由に支払いを拒否。訴訟に発展したが…

 だが、新郎新婦は納得しなかった。

 披露宴の時間がおしたため、二次会は予定の半分の1時間しかできなかった。フリードリンク代に関してはその分を減額すべきだとさらに抗議した。

 ホテル側は再び折れ、「その分14万円を割り引き、686万円なら了承していただけるのでしょうか」と尋ねた。

 新郎は即座に回答せず、両家の両親と相談して改めて返事をするとして、その日の協議を打ち切った。だがその後も新郎から返答はなく、7月にはついに連絡がつかなくなったため、ホテル側が提訴に踏み切った。

 訴訟ではこれまでの和解案を一部撤回し、「披露宴・二次会の遅延はホテルの責任ではない」と主張している。

〝不手際〟列挙

 9月に開かれた第1回口頭弁論。新郎新婦側は進行をめぐるホテル側の言い分に真っ向から反論した上、当日のホテル側の不手際を列挙して応戦した。

 新郎新婦側の答弁書によると、お色直しの退場をめぐるトラブルもホテル側の言い分とは大きく食い違う。

 「人数が多い披露宴であることは事前に打ち合わせをしていたはず。司会者には『進行は慣れているので任せてください』と言われていた」

 司会者が来客を制止しようとしたというホテル側の主張を否定し、新郎自ら「ごめん、お色直しがあるからもう並ばないで」と頼んだとした。

 このほか、新郎新婦が訴えるホテル側の不手際は以下のようなものだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング