産経WEST

【衝撃事件の核心】「妊婦にシャンパンってアカンやろ」不手際?〝ハデ婚〟料金支払い拒否 ホテルに新郎新婦が徹底抗戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「妊婦にシャンパンってアカンやろ」不手際?〝ハデ婚〟料金支払い拒否 ホテルに新郎新婦が徹底抗戦

一生の思い出になる結婚式。ホテルで〝ハデ婚〟をあげたカップルは予定時間を2時間もオーバーしたため延長料金が発生したが、ホテル側の不手際を理由に支払いを拒否。訴訟に発展したが… 一生の思い出になる結婚式。ホテルで〝ハデ婚〟をあげたカップルは予定時間を2時間もオーバーしたため延長料金が発生したが、ホテル側の不手際を理由に支払いを拒否。訴訟に発展したが…

 人生の晴れ舞台、それが結婚式だ。「結婚には後悔しているが、式だけはもう一度挙げたい」と言う人がいるほど、劇中の主役になる特別な一日。大阪のあるカップルも、そんなすてきな思い出をつくるはずだった。ところが当日の式運営をめぐって、会場となったホテルと大きなトラブルに発展した。招待客多数の〝ハデ婚〟だったためか、予定時間を2時間も超過し延長料金が発生。新郎新婦側がホテル側の不手際を主張して支払いを拒否したため、ホテル側は計約790万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。一方の新郎新婦側は「ブーケやプチギフトがきちんと用意されていなかった」と徹底抗戦の構え。「華燭の典」にケチをつけたのは一体どっち!?

料金800万円超

 結婚式の会場となったのは大阪市中心部のあるホテル。訴状をもとにトラブルの経過をたどってみよう。

 式があったのは3月の吉日。招待客は実に175人に及び、挙式、披露宴をはじめ、同会場で行う二次会の費用も含め、最終見積もり金額は計約808万円に上った。

 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2015」によると、挙式、披露宴・披露パーティーの平均総額は352・7万円。平均招待客数は72・5人だった。相場と比べると、2人の式がいかに豪華だったかが分かる。

 いざ当日。挙式を終え、午後4時スタートの披露宴が中盤にさしかかったところで、思わぬトラブルが起きた。

延長42万円、新郎「納得したら払う」…ホテル側「誠意」で値引き103万円

関連トピックス

「産経WEST」のランキング