産経WEST

【坂口至徳の科学の現場を歩く】人間の感性を反映AI自動作曲システム 阪大・都市大、ミュージシャンとコラボで応援ソングも完成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【坂口至徳の科学の現場を歩く】
人間の感性を反映AI自動作曲システム 阪大・都市大、ミュージシャンとコラボで応援ソングも完成

開発された自動作曲システムの原理(沼尾正行・大阪大教授提供) 開発された自動作曲システムの原理(沼尾正行・大阪大教授提供)

 人工知能(AI)の技術は、音楽や小説など創造力が大きなウエートを占めるアートの世界にまで踏み込んできた。音楽の場合、音符という記号で組み立てられたデータを処理して自動作曲するシステムが登場しているが、聴く人の個性や感情など多様な人間らしい要素を取り込み、個々の感性にマッチした表現を生むことが1つの課題だ。

 大阪大学産業科学研究所の沼尾正行教授と東京都市大学メディア情報学部の大谷紀子教授の研究グループは、人工知能の技術を使って人間の感性を反映する自動作曲システムを開発した。「好き」「明るい」などと聴き手が感じた楽曲を集め、共通する特徴をコンピューターの機械学習により解析して、作曲に取り入れる方法。こうして得られたメロディーをもとに、プロのミュージシャンと共同で感性に訴える楽曲を完成した。

 沼尾教授らの方法は、よく知られたクラシックやJポップスの楽曲を聞かせ、被験者の「楽しい」などの評価をもとに、コンピューターの機械学習により、その楽曲の特徴と評価を関連付けた認知モデルを作成。これと、作曲のルールである音楽理論「和声理論」に基づいて、まず多数の曲を生じさせる。次いで、その中から適者を選抜する「遺伝アルゴリズム」という手法で最適のコード(和音)進行を突き止め、それに関連したメロディーを生み出す仕組みだ(図参照)。個人の好みに合ったオーダーメードの曲を作り出せる可能性もある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人間の感性を反映AI自動作曲システム 阪大・都市大、ミュージシャンとコラボで応援ソングも完成

「産経WEST」のランキング