産経WEST

女性史研究の草分け、脇田晴子さん死去 文化勲章受章、滋賀県立大名誉教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


女性史研究の草分け、脇田晴子さん死去 文化勲章受章、滋賀県立大名誉教授

 中世の女性史などの研究で文化勲章を受章した歴史学者で、滋賀県立大学名誉教授の脇田晴子(わきた・はるこ)さんが27日、心不全のため死去した。82歳。葬儀・告別式は近親者で行う。夫は歴史学者で大阪大名誉教授の修(おさむ)氏。

 兵庫県西宮市出身。神戸大から京都大大学院に進んで日本中世史を専攻。その後、京都橘女子大(現・京都橘大)や、大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)などで教授を務め、商業史や都市史、女性史の分野で研究に取り組んだ。

 女性の地位が低かったとされる中世において、女性商人らの活躍も経済活動を支えていたと主張。また、白拍子など女性が担った芸能が後に能や狂言に影響を与えたことを論証した。

 女性の歴史家が珍しかった時代から研究を続け、私財を投じて「女性史学賞」を創設するなど、後進の育成にも尽力した。

 平成17年に文化功労者、22年に文化勲章。主な著書に「日本中世商業発達史の研究」「中世に生きる女たち」「日本中世被差別民の研究」などがある。昭和57年に刊行された全5巻の「日本女性史」は、国内の女性史研究の草分けとされる。

「産経WEST」のランキング