産経WEST

【マツダ社員殺害】凶器は消火器 同じ寮に住む20歳の同僚を強盗殺人容疑で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【マツダ社員殺害】
凶器は消火器 同じ寮に住む20歳の同僚を強盗殺人容疑で逮捕

 広島市南区のマツダ社員寮「マツダ大原寮」で社員の菅野恭平さん(19)が殺害された事件で、広島県警広島南署捜査本部は24日未明、菅野さんを殺害し現金約120万円などを奪ったとして、強盗殺人容疑で同じ寮に住む同僚の上川傑(かみかわ・すぐる)容疑者(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は14日午後3時35分ごろ、南区向洋大原町のマツダ大原寮2階非常階段で、菅野さんの頭を消火器で殴るなどして殺害。現金約120万円と携帯電話を奪ったとしている。

 捜査関係者によると、菅野さんは14日午前5時40分ごろに夜勤を終え、ATMや金融機関の窓口で計百数十万円を引き出した。その際、近くの防犯カメラに上川容疑者の車が写っていた。

 菅野さんはその数時間後の午後4時15分ごろ、寮の2階非常階段踊り場で倒れているのが発見された。直前の午後3時35分ごろには、2階に住む男性が「ドン」という物音を数回耳にし、その後、うめき声も数回聞いていた。

 マツダによると、菅野さんは昨年4月、高校を卒業して技能正社員として採用。本社工場でプレス金型を作る部署でまじめに勤務していたという。

 現場はJR広島駅の南東約4・5キロにある7階建ての寮。近くにはマツダの工場や住宅街、小学校などがある。

関連トピックス

関連ニュース

【マツダ社員殺害】事件の当日、ATMから百数十万円引き出す

「産経WEST」のランキング