産経WEST

酒気帯びで消防職員停職 鳥取

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


酒気帯びで消防職員停職 鳥取

 鳥取県東部広域行政管理組合は23日、酒気帯び運転で刑事処分を受けた係長級の男性職員(55)を停職3カ月の懲戒処分とした。

 組合によると、男性は自宅で7月30日午前0時~3時ごろと9時ごろ飲酒。午後2時半ごろ自家用車で外出し、約5分後に鳥取市内で覆面パトカーに停止を命じられ、呼気検査で基準を超えるアルコールが検出された。

 今月、免許停止90日、罰金30万円の処分を受けた。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング