産経WEST

【富山市議政活費不正】市が刑事告発を検討 9人総額3300万円分か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富山市議政活費不正】
市が刑事告発を検討 9人総額3300万円分か

 富山市議会の政務活動費問題で、富山市は23日、不正請求で犯罪に当たる事実があった場合は刑事告発をすると発表した。同市議会では、自民党と民進党系の2会派で、計9人が不正を認め辞職。両会派が認めた不正請求額は少なくとも計約3300万円に上る。

 市財政課によると、市議会議長が同日、不正請求を認めて辞職した中川勇(69)、谷口寿一(53)両氏の収支報告書の訂正届など関係書類を市側に提出した。内容を精査して告発するかを決める。

 今後提出される他の議員の関係書類についても内容を確認する。

 中川、谷口両氏に関しては、政活費をだまし取ったとして、市民団体が詐欺容疑での告発状を富山県警に提出している。

関連ニュース

【富山市議政活費不正】「全額使ってもらわないと困る」「前払い」…政活費悪癖の蔓延が浮き彫りに

「産経WEST」のランキング