産経WEST

宮古島で神戸の女性溺死 ダイビング、過失疑いも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宮古島で神戸の女性溺死 ダイビング、過失疑いも

 沖縄県宮古島市の宮古島海上保安署は23日、同市のビーチでスキューバダイビング中に神戸市の女性看護師(24)が溺れ、搬送先の病院で死亡したと明らかにした。溺死とみられる。同保安署は、同行していた30代の男性インストラクターらから事情を聴いており、業務上過失致死の疑いもあるとみて調べている。

 同保安署によると、22日午後6時前に「ビーチで女性が溺れている」と通報があった。インストラクターに救助された女性は市内の病院に搬送され、23日朝に死亡した。

 女性は友人と一緒に体験ダイビングをしていた。インストラクターが気付くと、女性の口から呼吸器具が外れ、溺れていたという。

関連ニュース

イカの産卵見よう! ダイビングスポットに床設置 和歌山・串本

「産経WEST」のランキング