産経WEST

教諭自殺、公務災害と認定 残業160時間、福井

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


教諭自殺、公務災害と認定 残業160時間、福井

 福井県若狭町立中学教諭の嶋田友生さん=当時(27)=が平成26年10月に自殺したのは長時間労働が原因として、遺族が公務災害認定を申請し、地方公務員災害補償基金福井県支部は23日までに、公務災害と認定した。6日付。

 同基金が認定した残業時間は多い月で160時間を超えていた。嶋田さんは26年4月に同校に赴任、1年生の学級担任や野球部の副顧問を任されていた。生徒の問題行動や保護者への対応に苦労していたという。

 父親が27年12月に公務災害を申請していた。

 同町教育委員会の玉井喜広教育長は「亡くなった先生のご冥福をお祈りする。超過勤務の縮減を今後も検討していきたい」とコメントした。

関連トピックス

関連ニュース

【世界を読む】「ワーカホリックの国」韓国も羨む「バカンス大国」フランス…それでも過労死が存在する不思議

「産経WEST」のランキング