産経WEST

地銀&損保&メガバンク…全国初の連携協定を締結 南都銀など

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


地銀&損保&メガバンク…全国初の連携協定を締結 南都銀など

 奈良県が地盤の南都銀行は23日、東京海上日動火災保険、三菱東京UFJ銀行と地方創生に関する「連携協定」を締結した。国が進める地方創生策に沿ったものだが、地銀、損保、メガバンクによる協定は全国で初めて。南都銀行は、それぞれの知見を活用して顧客の要望に応え、融資を拡大する考え。

 南都銀の顧客企業に対して東京海上が災害対策の説明会を開催したり、三菱東京が海外の顧客網を生かし、海外企業との商談会を行ったりすることを想定している。三菱東京はグループのコンサルタント会社、カード会社の顧客拡大につなげる考えだが、融資は南都銀が行う。

 協定締結の背景には、超低金利下で融資による収益が圧迫されていることがある。関西の地銀は続々と自治体や研究機関との「連携協定」を締結し、融資先の拡大を図っている最中だ。

 南都銀の橋本隆史頭取は「マイナス金利下で厳しい環境が続くが、地方創生の枠組みで連携を深めることは一つの突破口。今後の地方銀行の大きなテーマになる」と話した。

関連ニュース

「女子サッカー選手の引退後のキャリア支援を」 神戸親和女子大とINAC神戸レオネッサが連携

「産経WEST」のランキング