産経WEST

【神戸・三宮暴走】免許更新時の虚偽回答容疑で沢井被告を追送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸・三宮暴走】
免許更新時の虚偽回答容疑で沢井被告を追送検

 JR三ノ宮駅(神戸市中央区)前で5月、車が暴走して歩行者5人がはねられた事故で、兵庫県警葺合署は23日、免許更新時の体調を尋ねる質問に虚偽の回答をしたとして、道交法違反(質問票虚偽記載)容疑で、沢井国一被告(63)=自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)罪で起訴=を追送検した。

 追送検容疑は今年4月、免許更新手続きで過去5年以内に病気で意識を失ったことがあるかとの質問に、実際には意識を失った経験があるのに「いいえ」と回答したとしている。

 同署によると、沢井被告は昨年8月に同県尼崎市内で追突事故を起こし、「居眠り運転をしていた」と説明。同署はこの際、意識を失っていたとみており、虚偽記載にあたると判断した。だが沢井被告は、病気を認識していなかったとする趣旨の供述をしているという。

 沢井被告は三宮の暴走事故後の鑑定留置で、てんかんを患っていたことが判明している。

関連ニュース

「カラオケ聞こえん!」集団暴走グループに男性らが自転車投げ入れ数十人乱闘、3人けが 大阪・西成

「産経WEST」のランキング