産経WEST

ライザップ騒動で参院岐阜補選候補者の選挙ポスター破る…公選法違反で罰金15万円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ライザップ騒動で参院岐阜補選候補者の選挙ポスター破る…公選法違反で罰金15万円

 参院岐阜選挙区に民進党から出馬し落選した小見山幸治氏(53)のポスターを破ったとして、岐阜区検は23日までに、公選法違反(自由妨害)の罪で、岐阜市の無職男性(66)を略式起訴した。8月29日付。岐阜簡裁が9月5日付で罰金15万円の略式命令を出し、納付された。

 小見山氏の資金管理団体では昨年、フィットネスクラブを運営するRIZAP(ライザップ)に75万円を支出していたことが発覚。捜査関係者によると、男性は調べに「政治資金でライザップに行ったのが許せなかった」と話したという。

 岐阜地検によると、男性は7月2日朝、岐阜市内に掲示してあったポスター1枚を破った。

関連ニュース

印刷ミス?いえいえ、これでいいんです。「お墨付き」で明石焼、明石海峡大橋ポスター作成

「産経WEST」のランキング