産経WEST

米攻撃機墜落で、海兵隊に同型機の飛行見合わせ要請 沖縄県

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米攻撃機墜落で、海兵隊に同型機の飛行見合わせ要請 沖縄県

 沖縄県の安慶田光男副知事は23日、沖縄本島沖にAV8ハリアー1機が墜落した事故を受け、米海兵隊太平洋基地のデビッド・ジョーンズ副司令官と米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄市など)で会談し、原因究明されるまで同型機の飛行を中止するよう求めた。ジョーンズ氏は、同日の飛行を見合わせたとしたが、中止の期間は明言しなかった。

 会談は非公開で行われ、終了後、安慶田氏が記者団に答えた。安慶田氏は会談で、同県うるま市沖で昨年8月に発生した米陸軍ヘリ墜落事故に言及し「この事故の原因が明らかにならないまま、また事故が起きた」と批判した。

 ジョーンズ氏は「今回の事故の原因を徹底的に調査し、公表する。再発防止策も講じる」と応じた。

 県は、在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官との会談を求めたが、米側の都合で実現しなかった。

関連ニュース

【日航機墜落事故】遺族の絵本完成…亡き夫に墜落現場で報告

「産経WEST」のランキング