産経WEST

1食8万円「A級の宝箱」はいかが? 千屋牛やマツタケ高級食材ズラリ、器にもこだわり

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


1食8万円「A級の宝箱」はいかが? 千屋牛やマツタケ高級食材ズラリ、器にもこだわり

8万円の高級弁当に使用される食材と器など=岡山県新見市 8万円の高級弁当に使用される食材と器など=岡山県新見市

 千屋牛など岡山県新見市が誇る一級食材と伝統工芸品の器を組み合わせた高級弁当「A級の宝箱」が10月9日、同市で開催される「新見A級グルメフェア」で登場する。価格は8万円で20個限定。購入の受け付けを始めている。

 同弁当はANAクラウンプラザホテル岡山(岡山市北区)のシェフが監修した。主菜は千屋牛肉のステーキとデミグラスソースの煮込みで、特産ピオーネは新高ナシと地ワインのコンポートと一緒に提供。地域外の高級食材もふんだんに用いており、マツタケと地元産クリのピラフやカモ肉ロース、トリュフ、フォアグラ、伊勢エビを使った各種料理など計8品で構成される。地元産のキャビアの缶詰も付く。

 器は伝統の「備中漆」で仕上げた円形2段重ね(直径13センチ、高さ9センチ)で、新見市重要無形文化財保持者の木工芸作家、川野正毅氏(74)が製作。さらに、さをり織りのはし包み、リンドウ染めの弁当包みなど徹底して新見産にこだわり、愛用できる器となっている。

 申し込みは、はがきで〒718-8501 新見市新見310-3 新見市商工観光課へ。10月3日必着。応募多数の場合は抽選となり、事前に引換券を発送のうえ、同フェア当日に会場の「憩いとふれあいの公園」(同市正田)で現金と引き換える。

 問い合わせは同課(電話0867・72・6137)。

 同フェアは9日午前10時~午後3時に開催。新見産のA級食材や銘酒、銘菓を取り扱う市内22業者が即売会を開く。同ホテルの中野大輔・洋食料理長による料理ショーや抽選会なども行われる。入場無料。

関連ニュース

【うめきたガーデン】10月7日開幕と発表 10万株の花畑もある巨大庭園 グルメイベントなど多彩に展開

「産経WEST」のランキング