産経WEST

【浪速風】10億円でもまだ安い(9月23日)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪速風】
10億円でもまだ安い(9月23日)

16勝目を挙げ、ダルビッシュがマークした日本人1年目の最多勝利数に並んだドジャース・前田健太(リョウ薮下撮影)  16勝目を挙げ、ダルビッシュがマークした日本人1年目の最多勝利数に並んだドジャース・前田健太(リョウ薮下撮影) 

 植木等さんは「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」(ドント節)と歌ったが、かつての日本型経営は年功序列で、仕事ができても、できなくても給与にあまり差はなかった。それがバブルがはじけたころから成果主義が導入され、成果を上げれば、給与アップ、昇進が約束されるようになった。

 ▼大リーグ・ドジャースの前田健太投手の今季の総年俸が10億円を超えたという。入団前の健康診断で肩や靱帯(じんたい)に不安が見つかったため、8年総額2500万ドル(約27億円)で契約を結んだ。日本のナンバー1投手としては意外に安い金額で、米国でも「バーゲンだ」と話題になった。

 ▼代わりに登板試合数、投球回数など細かなインセンティブ(出来高)が盛り込まれた。それを次々にクリアして、しかも16勝は1年目の日本人投手の最多勝に並んだ。リスクを回避した球団にとっても、本人にとってもウィンウィン(相互利益)である。これぞ究極の成果主義ではないか。

関連ニュース

【浪速風】爽やかな「お口の恋人」が(9月21日)

「産経WEST」のランキング