産経WEST

【コースNAVI~新探球隊~】播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【コースNAVI~新探球隊~】
播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース

1番で池越えのティーショットを放つ八木氏(左)。260ヤードのビッグドライブだった 1番で池越えのティーショットを放つ八木氏(左)。260ヤードのビッグドライブだった

★バッグが豊富

 プロショップはバッグ類が豊富な品揃えだ。人気ブランドである23区のキャディーバッグ(4万9000円)、キャリーバッグ(2万9000円)、ボストンバッグ(2万3000円)などを販売。プロショップ担当の柴田千鶴さんは「キルティング素材でオシャレなので、女性の方に人気です」と売り場を案内した。ほかにも、アドバイザーのキャディーバッグ(1万2000円)やアドミラルのスタンドバッグ(8000円)などがおすすめ商品となっている。

★最新ナビ搭載

 播州東洋GCでは、カートに最新式のGPSナビを搭載し、セルフでも快適にプレーできる。残り距離やコースレイアウトはもちろん、グリーンの傾斜も分かりやすく表示。頼れる“キャディー役”をしっかり活用してもらいたい。また、バンカーと60ヤードまで打てるアプローチの練習場もあり、ラウンド前にぜひ利用したい。

★1番人気は「ビフカツ定食」

 レストランの1番人気は「ビフカツ定食」(1730円)だ。柔らかいサガリを使用。梶原鉄成料理長は「シニアや女性の方もよく召し上がります」と説明した。ソースはデミグラスソースとトマトソースをブレンド。隠し味に生クリームを加えているので、酸味の中にまろやかさがある。

 「煮穴子の炙り棒寿司とミニうどん」(1620円)は9月6日にスタートしたばかりの新メニュー。柔らかい煮穴子を炙ることで、香ばしさが口の中に広がる。

 ほかにも、同GCはおつまみが充実している。自家製の「タコの柔らか煮」(830円)は、同GCの名物料理。「明宝ハム」(720)は、岐阜から仕入れている。これらは10月から土産用としても販売されるので、要チェックだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース
  • 播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース
  • 播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース
  • 播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース
  • 播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース
  • 播州東洋GC、クラブ14本“振ル”活用コース

関連ニュース

【コースNAVI~新探球隊~】センチュリー・シガGC、空気と風が気持ちエエ~

「産経WEST」のランキング