産経WEST

住宅火災、5歳と8カ月の乳幼児犠牲か 2人の遺体見つかる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


住宅火災、5歳と8カ月の乳幼児犠牲か 2人の遺体見つかる

火災現場となった住宅。子供5人を含む7人家族が住んでいた=広島県東広島市 火災現場となった住宅。子供5人を含む7人家族が住んでいた=広島県東広島市

 22日午後10時ごろ、広島県東広島市八本松町飯田の松井要さん(42)宅から火が出ていると付近の住民から119番があった。木造2階建ての住宅を全焼し、現場から子どもとみられる2人の遺体が見つかった。

 県警や消防によると、長女(5)と8カ月の三男の行方が分からなくなっており、遺体の身元確認を進める。松井さん方は夫婦と子ども5人の7人暮らし。他の子ども3人は無事で、妻も喉にやけどを負ったとして病院に搬送された。松井さんは仕事で外出中だった。

 近所に住む女性(60)は「屋根や窓から火が上がっていた。子ども3人の無事な姿は見たが、他の子ども2人はどうしたのか」と心配そうに話した。

 現場はJR山陽線八本松駅の北東約600メートルの住宅などが集まる地域。

関連ニュース

【動画】USJ付近の廃材置き場で廃品約千立方メートル炎上中 

「産経WEST」のランキング