産経WEST

【スポーツなんでやねん】AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツなんでやねん】
AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は

中国代表チームのサポーター。鼻息は荒い!?(AP) 中国代表チームのサポーター。鼻息は荒い!?(AP)

 (1)に関して言えば、今月15日発表された最新のFIFAランキングで日本はアジア6番目の56位(トップはイランの37位、2番目はオーストラリアの45位)に後退した。国レベルの凋落(ちょうらく)ぶりも著しい。それでも、中国の78位とはまだ若干の開きがある。9月に始まった2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選でも、2試合を終えて1勝1敗の日本に対し、中国は1分け1敗と分が悪い。

 ただ、7割を占める(2)については、今季のACLで日本のJリーグ勢は本戦に出場した4チーム(広島、G大阪、浦和、FC東京)すべてがベスト16までに敗退したのに対し、中国は2チームが8強入りを果たした。ちなみに、韓国は2チームがベスト4進出。ACLではステージが進むごとにボーナスポイントが各クラブに与えられる仕組みになっており、一気に加盟協会ランキングのポイント差がひっくり返る可能性がある。

 韓国だけでなく中国の後塵も拝することになる東地区の3位。これまでも日本は日程面の優遇など、ACLでの成績向上を目指した施策をJリーグを中心に展開してきてはいる。しかし、その成果は…。このままでは、世界からスター選手や名将をかき集めている“爆買い”中国の脅威には勝てない気がする。日本のサッカー関係者は厳しい現実を受け止め、本気でアジア対策を進めなければならない。

このニュースの写真

  • AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は
  • AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は
  • AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は

関連ニュース

【スポーツなんでやねん】韓国の日本観「承服を重視する」はナメられている証拠では?…日本サッカーはもっと主張せよ!

「産経WEST」のランキング