産経WEST

【スポーツなんでやねん】AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツなんでやねん】
AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は

中国代表チームのサポーター。鼻息は荒い!?(AP) 中国代表チームのサポーター。鼻息は荒い!?(AP)

 日本のアジア進出の道が狭くなることが現実味を帯びてきた。アジア・サッカー連盟(AFC)から各加盟協会に割り振られるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場枠のことだ。

 出場枠はAFCの加盟協会ランキングをもとに決まり、東西各地区の1、2位の協会には3+1(本戦への自動出場3チーム+プレーオフからの出場1チーム)が割り当てられる。しかし、3位は2+2となり、本戦への自動出場枠が2に減ることになる。

 8月25日にAFCが発表した最新の加盟協会ランキングは(1)韓国(97・107ポイント)(2)サウジアラビア(92・137ポイント)(3)アラブ首長国連邦(UAE)(90・91ポイント)(4)イラン(83・268ポイント)(5)日本(82・647ポイント)(6)カタール(81・863ポイント)(7)中国(81・396ポイント(8)オーストラリア(77・433ポイント)-の順。東地区の協会に限れば、日本は韓国に次いで2位の位置を確保しているが、3位の中国との差はわずか1・251ポイントしかない。

 同ランキングは国際サッカー連盟(FIFA)ランキングをもとに算出される(1)代表チームポイントと、直近4年間のACLなどAFC主催大会のクラブチームの成績をもとに算出する(2)クラブチームポイントで構成。(1)と(2)を3対7の比率で合算したポイントでランキングを割り出している。

続きを読む

このニュースの写真

  • AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は
  • AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は
  • AFC最新ランク「5位」の衝撃、日本は韓国どころか中国の後塵拝する日が…“爆買い”に勝ち目は

関連トピックス

関連ニュース

【スポーツなんでやねん】韓国の日本観「承服を重視する」はナメられている証拠では?…日本サッカーはもっと主張せよ!

「産経WEST」のランキング