産経WEST

民進・蓮舫氏が福岡で街頭演説、「二重国籍」問題引きずり効果は限定的?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


民進・蓮舫氏が福岡で街頭演説、「二重国籍」問題引きずり効果は限定的?

福岡県久留米市で街頭演説する民進党の蓮舫代表=22日午後 福岡県久留米市で街頭演説する民進党の蓮舫代表=22日午後

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が17、18両日に実施した合同世論調査でも、蓮舫氏に「期待する」と回答した人は56・8%で、「期待しない」(40・2%)と評価は二分した。

 「党が一枚岩ではない。自民党にブレーキをかけたければ勉強し、国民の負託に応えられる働きをしてほしい」。久留米市在住の自営業の男性(78)は、こんな注文を付けた。

 演説を終えた蓮舫氏は記者団に「常に私たちはチャレンジャーとしての立場だ。しっかり(国民に)届く言葉を伝えたい」と、淡々と語った。

 他の野党との共闘については「基本的枠組みの維持は公党間の重い約束だが、まずは(6区で)自分たちの政策を訴えたい」と述べるにとどめた。

このニュースの写真

  • 民進・蓮舫氏が福岡で街頭演説、「二重国籍」問題引きずり効果は限定的?

関連ニュース

【民進党代表選】和歌山自民県連、蓮舫氏の二重国籍問題「危機管理力が疑問、反省を」、民進関係者からは期待感

「産経WEST」のランキング