産経WEST

燃えるように赤い群生「ヒガンバナ」見ごろ迎える 奈良県明日香村

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


燃えるように赤い群生「ヒガンバナ」見ごろ迎える 奈良県明日香村

奈良県明日香村の棚田に群生する彼岸花(ヒガンバナ)が見ごろとなった=22日午前、奈良県明日香村の稲渕地区(宮沢宗士郎撮影) 奈良県明日香村の棚田に群生する彼岸花(ヒガンバナ)が見ごろとなった=22日午前、奈良県明日香村の稲渕地区(宮沢宗士郎撮影)

 奈良県明日香村の稲渕地区の棚田で、ヒガンバナが見ごろを迎えている。

 燃えるように赤く色づいたヒガンバナが田んぼのあぜ道に群生し、早朝から詰めかけた行楽客の目を楽しませていた。

 高校の写真部の友人4人と訪れた県立奈良高校2年、名倉真理子さん(16)は、「今年は大きな台風のせいで花が倒れたり、散ったりしているけれど、花の色が例年よりも鮮やかできれい」と夢中でシャッターを切っていた。

このニュースの写真

  • 燃えるように赤い群生「ヒガンバナ」見ごろ迎える 奈良県明日香村
  • 燃えるように赤い群生「ヒガンバナ」見ごろ迎える 奈良県明日香村

関連ニュース

1万2千本のダリアが見ごろ 滋賀・日野町

「産経WEST」のランキング